酒匂不動尊さかわふどうそん

明治21年(1888年)横浜野毛山の行者海老原得浄師が開山した成田山の小社で、本尊は鎌慶作の不動明王座像。水行場があり酒匂水行堂(やる気不動の滝)と呼ばれている。境内右にある水掛不動は酒匂延命水と呼ばれる地下水が湧き1杯飲めば3年長生きできると言われている。左の祠には幸せ地蔵と呼ばれる2体の地蔵尊を安置している。

≫大磯~小田原を歩く

酒匂不動尊
酒匂不動尊

前の名所:上輩寺
次の名所:法善寺