知立神社ちりゅうじんじゃ

社伝によれば、850年(嘉祥3)天台宗僧円仁が神宮寺を創立し、多宝塔を建立した。後知立神社はの別当寺となった。現存する多宝塔は、1509年(永正6)重原城主山岡忠左衛門が再建した。三間二層の塔であり、正面に桟唐戸を配し、左右には連子窓、他は篏板張りである。屋根は柿葺で、塔高は約10mあり、室町時代の建築である。明治の神仏分離令の際には、祀られていた愛染明王を総持寺に移し、相輪を除き、瓦葺にかえ、「知立文庫」と名も替えて、取り壊しの難をのがれた。

≫岡崎~池鯉鮒を歩く

知立神社
知立神社

前の名所:知立古城跡
次の名所:総持寺