池鯉鮒宿本陣跡ちりゅうしゅくほんじんあと

本陣とは、江戸時代の宿駅に設けられた、大名や幕府役人、公家等が宿泊する公認の宿舎である。東海道三十九番目の宿駅である池鯉鮒宿には、本陣・脇本陣(本陣だけで対応できない時の予備の宿)が各1軒置かれていた。本陣職は、当初峯家が勤めていたが(杉屋本陣)、没落したため、寛文2年(1662)からは永田家によって引き継がれた(永田本陣)。敷地三千坪、建坪三百坪と広大な面積を有していたが、明治8年(1875)に取り壊され、200年近く続いた永田本陣も、時代の変化とともにその使命を終えた。

≫岡崎~池鯉鮒を歩く

池鯉鮒宿本陣跡
池鯉鮒宿本陣跡

前の名所:池鯉鮒宿問屋場跡
次の名所:知立古城跡