来迎寺一里塚らいこうじいちりつか

1603年(慶長8年)、徳川家康が江戸に幕府を開き、その翌年中央集権の必要から諸国の街道整備に着手、大久保長安に命じ江戸日本橋を起点に、東海道・東山道・北陸道など主要街道を修理させた。この時一里(約4キロメートル)ごとに築いた里程標を一里塚・一里山などと称した。こうした一里塚は通行者の便宜上後年になって脇街道にも造られるようになった。塚の上の樹木は主として榎が植えられたがこの塚は代々、松といわれる。この大きさは直径約11メートル、高さ約3メートルに土を盛り、街道の両側に造られている。この塚のように両塚とも完全に遺されているのは、たいへん珍しい。

≫岡崎~池鯉鮒を歩く

来迎寺一里塚
来迎寺一里塚

前の名所:牛田八幡社