逢坂の碑おうさかのひ

「日本書記」によれば、神功皇后の将軍・武内宿禰がこの地で忍熊王とぱったりと出合ったことに由来すると伝えられている。この地は、京都と近江を結ぶ交通の要衝で、平安時代には逢坂関が設けられ、関を守る関蝉丸神社や関寺も建立され和歌などに詠まれる名所として知られた。

≫大津~三条大橋を歩く

逢坂の碑
逢坂の碑

前の名所:蝉丸神社下社
次の名所:安養寺