街道橋かいどうばし

江戸時代の安永4年(1775年)に架けられた田村永代板橋を復元した橋。
往時の橋は、巾二間一尺五寸(約4.1m)、長さ二十間三尺(約37.3m)。高さ0.3mの低い欄干が付いた当時としては画期的な橋であった。
安藤広重の「土山宿・春の雨」は、この橋を渡る大名行列の様子を東側から描いたものです。
橋の右の方には、橋番所、橋のたもとには高札が架かっていたといわれている。

≫坂下~土山を歩く

街道橋
街道橋

前の名所:蟹坂古戦場跡
次の名所:田村神社