万人講常夜燈まんにんこうじょうやとう

万人講常夜燈は、江戸時代に金比羅参りの講中が道中の安全を祈願して建立したものである。重さ38t、高さ5.44mの自然石の常夜燈で、地元山中村をはじめ、坂下宿や甲賀谷の人々の奉仕によって出来上がったと伝えられている。もともとは東海道沿いに立っていたが、鈴鹿トンネルの工事のために現在の位置に移設された。東海道の難所であった鈴鹿峠に立つ常夜燈は、近江国側の目印として旅人たちの心を慰めたことであろう。

≫坂下~土山を歩く

万人講常夜燈
万人講常夜燈

前の名所:鈴鹿峠
次の名所:山中一里塚公園