大黒屋本陣跡・高札場跡だいこくやほんじんあと・こうさつばあと

土山宿の本陣は、土山氏文書の「本陣宿の事」によって、甲賀武士土山鹿之助の末裔土山氏と土山宿の豪商大黒屋立岡氏の両氏が勤めていたことがわかる。大黒屋本陣の設立年代については、はっきりと判らないが、旅籠屋として繁盛した大黒屋が土山本陣の補佐宿となっている。古地図によると、当本陣の規模は、土山宿本陣のように、門玄関、大広間、上段間をはじめ多数の間を具備し、宿場に壮観を与えるほどの広大な建築であることが想像できる。

≫坂下~土山を歩く

大黒屋本陣跡・高札場跡
大黒屋本陣跡・高札場跡

前の名所:土山宿本陣跡