土山宿本陣跡つちやましゅくほんじんあと

土山宿本陣は、寛永11年(1634)、三代将軍徳川家光が上洛の際設けられた。土山氏文書の「本陣職之事」によってわかるように、甲賀武士土山鹿之助の末裔土山喜左衛門を初代として之を勤めた。本陣は当時の大名、旗本、公家、勅使等が宿泊したもので、屋内には現在でも当時使用されていたものが数多く保存されており、宿帳から多くの諸大名が宿泊したことを知ることができる。

≫土山宿を歩く

土山宿本陣跡
土山宿本陣跡

前の名所:問屋場跡