山中一里塚公園なかやまいちりつかこうえん

櫟野観音道(いちのかんのんみち・大原道)道標。 山中地区の旧東海道沿いから南西に伸びる道は、古くから東海道と神(かみ)村(甲賀町大字神)・櫟野(いちの)村(甲賀町大字櫟野)方面をつなぐ生活の道として利用され、大原道(おおはらみち)とも呼ばれていた。 当時、道標は東海道との分岐点に建てられていたが、幾度の道路整備により、現在はここ一里塚緑地に移転されている。この道標には「いちゐのくわんおん道」、側面には櫟野寺(らくやじ)本尊の十一面観音の慈悲を詠んだ、虚白(きょはく)の「盡十方(つくすとも)世にはえぬきや大悲心(だいひしん)」という句が刻まれており、櫟野の櫟野寺への参詣道でもあったことを伝えている。

≫坂下~土山を歩く

山中一里塚公園
山中一里塚公園

前の名所:万人講常夜燈
次の名所:蟹坂古戦場跡