関川庵せきかわあん

「関川庵・八百屋お七の恋人吉三郎の墓」の標柱。 火事が縁で恋した男に会いたい一心で、数え年17歳のときに放火し、火刑に処された江戸前期の女性で浄瑠璃、歌舞伎などのヒロインである八百屋お七。 その恋人とされる吉三郎がお七を弔う旅に出、島田の地で病死したとされる。

≫島田~金谷を歩く

関川庵
関川庵

前の名所:立会宿跡
次の名所:札場