大岩神明宮おおいわしんめいぐう

文武天皇二年(698年)岩屋山南に勧請したのが最初で、のち保延元年(1135年)大岩村が本郷に移ったときに遷宮し、天正十一年(1583年)元屋敷に移り、さらに正保元年(1644年)、大岩村が現在地に移村したのとともに移っている。江戸時代には、黒印地二石を受け、その格式はかなり高いものであった。現在では大岩の氏神となっている。

≫白須賀~二川を歩く

大岩神明宮
大岩神明宮

前の名所:西問屋場跡