亀山城跡かめやまじょうあと

伊勢亀山城は、文永二年(1265)に関実忠が最初に築城し、元亀四年(1573)織田信長により関盛信が追放されるまで、関氏十六代の居城であった。天正十八年(1590)岡本宗憲が入城後、新たに築城したとされ、この城については、『九々五集』に本丸・二之丸・三之丸からなり、天守も建てられたと記されている。寛永十三年(1636)本多俊次が城主になると亀山城の大改修に着手し、東西700m、南北500mに及ぶ縄張りが確定する。亀山城の別名については唯一の出典である『九々五集』に姫垣を意味する「粉堞城」と記されている。城主は八家がめまぐるしく入れ替わったが、延享元年(1744)石川総慶が城主となると、以後は石川家11代で明治維新を迎えることとなる。明治六年の廃城令によりほとんどの建造物は取り壊され、現在は多聞櫓と石垣、土塁、塀の一部が残されているに過ぎない。

≫庄野~亀山を歩く

亀山城跡
亀山城跡

前の名所:江戸口門跡
次の名所:京口門跡