中富田一里塚跡なかとみだいちりつかあと

一里塚は慶長九年(1604年)に江戸幕府の事業として、東海、東山、北陸の三道に築かれた。江戸 日本橋を起点として、三十六町を一里(約4キロ)として、一里ごとに塚を築き旅人の往来の目印とした。享和三年(1803年)に作成された「東海道亀山宿分間絵図」によると、川俣神社の東隣に一里塚があったことが描かれている。

≫庄野~亀山を歩く

中富田一里塚跡
中富田一里塚跡

前の名所:山神碑
次の名所:和泉橋