女人堤防碑にょにんていぼうひ

この辺りは安楽川と鈴鹿川の落ち合うところで、たびたび水害があった。人々は水害に悩まされていた為、築堤を神戸藩に申し出たが許可がでなかった。そのため、女であれば許可がなくても罪が軽くなるだろうと、女達で築いた。いったん捕らえられたものの、その後許され労をねぎらわれた。堤防を作るのに6年の歳月がかかった。

≫庄野~亀山を歩く

女人堤防碑
女人堤防碑

前の名所:神戸領界石
次の名所:山神碑