遊行寺坂一里塚跡ゆぎょうじざかいちりづかあと

かつてこのあたりの道路の両側に一里塚があった。一里塚は、主要な街道の一里(約4km)ごとに江戸幕府が設けたもので、旅程の目印として利用されていた。左右に切り立った崖上の高さまであった江戸時代の東街道を掘削改修したのが現在の道路で、一里塚も崖上にあったが、今はなにも残っていない。

≫戸塚~藤沢を歩く

遊行寺坂一里塚跡
遊行寺坂一里塚跡

次の名所:長生院