大徳寺だいとくじ

大徳寺と徳川家康の縁は深く、開山の栄誉住職が家康の重臣本多平八郎の伯父だった関係から、家康は上洛に際して水口に宿泊し、家康の家の字と松平の松の字をとって家松山の山号を賜り、また第二栄誉のとき大徳寺の寺号や香木、寺領等を寄進している。

≫土山~水口を歩く

大徳寺
大徳寺

前の名所:大岡寺
次の名所:水口城跡