東見付跡 ひがしみつけあと

水口宿の東端すなわち「江戸口」となったのは、野洲川の川原に沿って通じていた東海道が、山手に付け替えられ宿の東部諸町が整備された慶長十年(1605)以降のことである。特に天和二年(1682)の水口藩成立以降は、水口はその城下ともなり、町の東西の入口は警備の施設も整えられた。

≫土山~水口を歩く

東見付跡
東見付跡

次の名所:水口宿本陣跡