水口城跡みなくちじょうあと

水口城は寛永十一年(1634)三代将軍家光の上洛に先立ち、道中となる水口に専用の宿館として築かれた。城は堀と石垣をめぐらした本丸と北側の二の丸からなり、本丸内部には御殿が建てられている。その建物構成は京都二条城に共通し、数奇をこらしたものであった。

≫土山~水口を歩く

水口城跡
水口城跡

前の名所:大徳寺
次の名所:林口の一里塚跡