水口宿本陣跡みなくちしゅくほんじんあと

本陣は規模が大きく、一般の旅籠屋には許されない門、玄関、書院などがあって格式を示し、その経営には宿の有力者があたっていた。水口宿本陣は代々鵜飼氏が経営にあたり、間口も一般の三軒分に相当する広大なものだったが、明治二年に行われた明治天皇の宿泊をもって、その歴史を閉じ、その後建物も撤去された。

≫土山~水口を歩く

水口宿本陣跡
水口宿本陣跡

前の名所:東見付跡
次の名所:問屋場跡