大岡寺おおおかじ

白鳳十四年(686)僧行基が諸国行脚に際し、大岡山の山頂に自彫の十一面千手観世音像を安置し創建したといわれている。その後寺勢盛大を極め、十六の坊舎を擁していたと伝えられるが、天正二年(1574)の兵火で、堂字はことごとく焼失し、東之坊(本坊)を残すのみとなっている。

≫土山~水口を歩く

大岡寺
大岡寺

前の名所:問屋場跡
次の名所:大徳寺