三好赤甫旧跡みよしせきほきゅうせき

赤甫は待花園月坡と号し、通称才一と呼ばれ、生家は代々魚商であったが、少壮の頃より俳諧の道に入り、当初、嶬峨上田村の宍戸露洲につき教えを請うたが、晩年家業を子に譲り、京都に上がり東福寺虚白につき、10年余り修行され、その間、京都大阪の諸大家と交わった、その後郷里に帰り、後進の指導をなし、この地方の俳諧の基礎を築かれている。俳著に「窓あかり」がある。
碑銘
  「ほととぎす 早苗に影を のこし行く」

≫土山~水口を歩く

三好赤甫旧跡
三好赤甫旧跡

前の名所:大野市場一里塚跡
次の名所:今在家一里塚