垂水頓宮御殿跡たるみとんぐうごてんあと

伊勢神宮に伝わる「倭姫命世紀」によると、垂仁天皇の皇女であった倭姫命は、天照大神のご神体を奉じて、その鎮座地を求めて巡行したと伝えられる。
土山町頓宮には巡行地のひとつである「甲可日雲宮」があったとされ、この時の殿舎がこの付近に設けられたことが「御殿」という地名の由来とされる。また、後世には垂水頓宮に関連する施設も造営されていたと伝えられる。

≫土山~水口を歩く

垂水頓宮御殿跡
垂水頓宮御殿跡

次の名所:地安禅寺