小沢本陣跡おざわほんじんあと

東海道石薬師宿は元和二年(1616)、幕命によって設置された。この時から、村名も宿の名も「石薬師」となった。当時、石薬師寺が近郊近在に知れ渡っていたので、寺名をとって村名とした。大名が泊まるところを本陣といい、小澤家が本陣を勤めていた。石薬師宿は小高い台地にあり小澤本陣のまわりには高い松の木があったので、別名「松本陣」ともいわれていたという。

≫四日市~石薬師を歩く

小沢本陣跡
小沢本陣跡

次の名所:佐々木信綱記念館