杖衝坂つえつきざか

杖突坂とも書き、東海道の中でも急坂な所。日本武尊が東征の帰途、大変疲れられ「基地より、やや少しいでますにいたく疲れませるによりて、御杖をつかして、稍に歩みましき、故基地を杖衝坂といふ」(『古事記』)とあり、その名が称されるようになり、加えて、芭蕉の句「歩行ならば杖つき坂を落馬かな」により、その名が世に知られることになった。また、坂を上がりきった所には、尊の足の出血を封じたとのゆえんから血塚の祠もある。

≫四日市~石薬師を歩く

杖衝坂
杖衝坂

前の名所:小許曽神社
次の名所:采女の一里塚跡