瓜郷遺跡うりごういせき

低湿地に囲まれた自然堤防の上に立地する弥生時代中期~古墳時代前期(2000年前~1700年前)にかけての集落(ムラ)の跡。 瓜郷遺跡は唐古遺跡(奈良県)・登呂遺跡(静岡県)などとともに弥生時代の低地にある遺跡の一つとして貴重なものである。

≫吉田~御油を歩く

瓜郷遺跡
瓜郷遺跡

前の名所:聖眼寺
次の名所:子だが橋碑