東木戸常夜灯ひがしきどじょうやとう

常夜灯とは、今でいう街頭にあたるもので、各所に設置し暗い夜道を明るく照らし続けていた。東木戸にある常夜灯には「宿内安全」という文字が刻まれており、宿の入り口を照らしていた。この常夜灯は文政13年(1831年)のものと考えられている。

≫吉原~蒲原を歩く

東木戸常夜灯
東木戸常夜灯

前の名所:蒲原宿東木戸