蒲原宿東木戸かんばらしゅくひがしきど

江戸時代の宿場の入り口には、見附や木戸と呼ばれるものがあった。蒲原宿の入り口には木戸が設置されており、東の入り口のことを「東木戸」と呼んでいた。なお、木戸と木戸との間のことを「木戸内」という。東木戸は、わずかではありますが桝型になっている。

≫吉原~蒲原を歩く

蒲原宿東木戸
蒲原宿東木戸

次の名所:東木戸常夜灯