西木戸にしきど

蒲原宿の西の入り口には木戸があり、「西木戸」と呼ばれていた。もともと宿場は、西木戸より南側の古屋敷と呼ばれている所に広がっていましたが、元禄12年(1699年)の大津波によって壊滅的な被害を受け、蒲原御殿があったとされる地に移動した。この西木戸近くに青木の茶屋(茄子屋)があり、「茄子屋の辻」で乱闘がおこった。承応2年(1653年)、高松藩の槍の名人、大久保甚太夫らが江戸へ行く途中、薩摩藩の大名行列と出会い、槍の穂先が相手の槍と触れたことで口論になり、茄子屋で薩摩藩の大名行列と乱闘が始まり、70人近くを倒した。しかし、最期に追っ手に見つかり殺されてしまった。当時の竜雲寺住職が墓地に葬り、供養した。甚太夫の槍の穂先は、現在寺宝として、保存されている。

≫吉原~蒲原を歩く

西木戸
西木戸

前の名所:旧五十嵐歯科医院