佐藤家さとうけ

元「佐野屋」という商家で、壁は塗り壁で町家に多く見られる造りですが、このような町家を「塗り家造り」という。「塗り家造り」は「土蔵造り」に比べて壁の厚みは少ないが、防火効果が大きく、昔から贅沢普請ともいわれている。もともとは城郭などに用いられた技術であり、一般には江戸時代末期以降に広まったと考えられている。なまこ壁の白と黒のコントラストが装飾的で、黒塗りの壁と街道筋には珍しい寄棟の屋根とがあいまって、重厚感があふれている。

≫吉原~蒲原を歩く

佐藤家
佐藤家

前の名所:東漸寺
次の名所:八坂神社