鈴木家すずきけ

江戸時代「和泉屋(いずみや)」という上旅籠だった。天保年間(1830~44年)の建物で、安政の大地震でも倒壊を免れた。今に残る二階の櫛形の手すりや看板掛け、柱から突き出た腕木などに江戸時代の上旅籠の面影を見ることができる。弘化2年(1845年)の「蒲原宿商売調帳」に、「和泉屋間口間数6.1」とあり、現在は鈴木家4.1間、お休み処2間の2軒に仕切られている。

≫吉原~蒲原を歩く

鈴木家
鈴木家

前の名所:夜之雪記念碑
次の名所:平岡本陣跡