渡邉家土蔵(三階文庫)わたなべけどぞう(さんかいぶんこ)

渡邉家は、江戸時代末期に問屋職を代々務めた旧家で、材木を商っていたことから「木屋(きや)」という商号で呼ばれていました。「渡邉家土蔵(三階文庫)」は、四隅の柱が上にいくにつれて少しずつ狭まる「四方具」(四方転び)という耐震性に優れた技法で建築されている。三階建ての土蔵はあまり例がなく、棟札から天保9年(1838年)2月21日に上棟したことがわかり、町内最古の土蔵であると考えられる。この土蔵の中には、江戸時代の貴重な資料が多く保管されていて、平成13年8月29日、町指定有形文化財に指定された。

≫吉原~蒲原を歩く

渡邉家土蔵(三階文庫)
渡邉家土蔵(三階文庫)

前の名所:東木戸常夜灯
次の名所:竜雲寺