讃徳寺さんとくじ

七面天女像が安置されている。これは、像高34cmの木造。伊佐布安隠寺から移されたと伝えられ、正徳6年(1716)近隣の村々の悪疫が流行した時、堂を建立し、祭祀したと伝えられている。その他に元禄4年(1691)建立の題目塔がある。

≫由比~興津を歩く

讃徳寺
讃徳寺

次の名所:小池邸