1月1日

江戸切子の日

東京の伝統工芸江戸切子の職人の組合、東京カットグラス工業協同組合が、7月5日を、模様魚子(ななこ)の語呂あわせから江戸切子の日とした。

【江戸切子】
カットグラス工法のガラス工芸・細工。天保5年(1834)に江戸大伝馬町のビードロ屋・加賀屋久兵衛がガラスの表面に模様を施したのが始まりと言われており、伝統工芸に認定されている。
なお、江戸切子と並び称される薩摩切子は、 薩摩藩が江戸のビードロ業者招いて製造に取り組んだことから 急速に発展したもので、江戸切子が透明なガラスを使用するのに対し、薩摩切子は着色ガラスを用いる。

「今日は何の日?」過去の一覧へ