1月1日

池田屋事件があった日

元治元年(1864)7月8日(旧暦の6月5日)に、京都三条木屋町(三条小橋)の旅館池田屋で京都守護職配下の治安維持組織である新撰組が、御所の焼き討ちを計画していた長州藩の尊皇攘夷派を襲撃した。これを池田屋事件という。この事件をきっかけに、新撰組の名は一躍世に知れ渡ることになる。
幕末の日本を語る上で欠かすことのできない新撰組なだけに、まつわる場所は各地に存在するが、この池田屋事件が起こった場所には、池田屋騒動跡の碑が建っているのみである。現在碑の隣はパチンコ店になっており、時代の移り変わりというものを感じずにはいられないだろう。

「今日は何の日?」過去の一覧へ