馬頭観音(ばとうかんのん)

馬頭観音は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊である。
観音菩薩の変化身の一つであり、六観音の一尊にも数えられている。観音としては珍しい忿怒の姿をしている。
近世以降は、馬が急死した路傍や芝先(馬捨場)などに馬頭観音像を建てることが多くなり、像ではなく単なる「馬頭観音」という文字を彫った石碑だったりする。

用語集一覧に戻る