五街道(ごかいどう)

江戸時代の江戸を起点とする五つの陸上交通路。慶長6年(1601年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ以下の5つの街道を整備し始め、四代将軍家綱の代になって基幹街道に定められた。

東海道 (京街道を含める場合もある)
中山道 (中仙道とも表記する)
甲州街道 (甲州道中)
奥州街道 (奥州道中)
日光街道 (日光道中)

用語集一覧に戻る