五輪塔(ごりんとう)

空、風、火、水、地の古代インドにおいて考えられていた五大元素をかたどった輪によって構成される石造物。(木や鉄などの場合もある。)で、全国の寺社に散見できる。

用語集一覧に戻る