旅籠屋(はたごや)

旅籠屋は、木賃宿とは違い夕食と朝食を出していた宿泊施設のことである。
また、旅籠屋によっては昼食の弁当を出すところもあった。
江戸時代以前には木賃宿が宿泊の本来の姿だったが、庶民の旅が盛んになるにつれ、次第に旅籠屋が増えた。そのため、宿代も天保年間(1830~1844年)には、旅籠屋は木賃宿の5倍以上もした。

用語集一覧に戻る