飛脚(ひきゃく)

江戸時代の飛脚は馬を用いず、自らの足で走った。公儀の継飛脚の他、諸藩の大名飛脚、町人も利用できる町飛脚などの制度が発達。当時の日本国内における主要な通信手段の一翼を担ってきた。

用語集一覧に戻る