壱岐国(いきのくに)

かつて日本の地方行政区分だった国の一つである。西海道に含まれ、その領域は現在の長崎県の壱岐島である。壱州(いしゅう)と呼ばれることもある。

用語集一覧に戻る