川越(かわごし)

徳川幕府は、特定の川に橋を架けることを禁止し、川越の業務全般を川会所の管理下に置きいた。このことにより、大河川を利用した防御ラインを作り出していた。橋が架けられなかった河川は、人足による渡しで川越が行われた。

用語集一覧に戻る