往還松(おうかんまつ)

江戸時代、幕府および諸藩は、主要街道の両側に松や杉などの樹木を植え、積極的に保護育成した。夏の緑陰、冬の積雪防止に果たす役割は大きかった。

用語集一覧に戻る