宰判(さいばん)

裁判とも書き、初期に地方を区画して代官を派駐したのが始まりで、慶安4年(1651)には十八宰判になった。

用語集一覧に戻る