庄屋(しょうや)

庄屋は名主と同じ意味で、江戸時代の村役人である地方三役のひとつ、または、町役人のひとつで、村落や町の代表者のことである。
西日本では庄屋の呼称が多く、東日本では名主と呼ばれることが多い。また、東北地方・北陸地方では肝煎(きもいり)と呼ぶ。

用語集一覧に戻る