継飛脚(つぎひきゃく)

江戸幕府の文書を運んだ飛脚のことで、通常2人1組で行なう。街道を宿場から宿場へリレーのように引き継ぎながら運んだ。

用語集一覧に戻る